スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
カトー様 TBF/TBM "Avenger"完成です
ブログモデラーズ界きっての技巧派、若き暗黒卿カトー様のアベンジャーが完成しました。ひねりの利いたマーキングが面白いです。

以下転載
↓ ↓ ↓
20060415-20060415-01.jpg

完成。

1945年12月5日、「魔の三角海域」と言われる、バミューダトライアングルで、訓練飛行中の5機のアベンジャー(TBM-3が1機、TBM-1Cが4機)が忽然と姿を消した-。

この、「バミューダトライアングル」のことを知ったのは小学生のころ。「世界のミステリー」みたいな本がきっかけだったと思います。雪男や地上絵、はてはツチノコまで話題満載なその本の中でも、とくにこのバミューダトライアングルの話だけは妙に覚えていまして。
そして今回、アベンジャーを作ろうと思ってたら、模型店でその訓練部隊「フライト19」のデカールをすすめられたのはもう運命としか。

それから二ヶ月、あまりのエッチングパーツの量に、途中で何度もおなかをユルくしながらも、やっとこさ完成しました。
20060415-20060415-02.jpg

20060415-20060415-03.jpg


キットはイタレリ製。しかし名作アキュレイト金型。
ディテール表現や合わせのよさは文句なし。もう完璧です。
また、エデュアルドの「BIG ED」を奢り、エッチングパーツてんこ盛りで作りました。機内のディテールと、開状態のランディングフラップはそれによるものです。ただ、そもそもプラパーツの時点でかなーり良く出来ているので、「ディテールアップ」としての効果は微妙なところ。「表現のバリエーション」と言った方が近いかもしれません。

20060415-20060415-04.jpg

20060415-20060415-05.jpg


グロスシーブルーの塗装は、コルセアの巻に引き続き、クリアブルーによるもの。
デカールはスーパースケール製で、一時は「スーパー透ける」なんて揶揄されたのがウソのように完璧な発色。フィルムも薄く、とても扱いやすかったです。
20060415-20060415-06.jpg

20060415-20060415-07.jpg

ちなみに下に敷いてある芝生マットはタミヤの情景マット。ほぼA4サイズです。
せっかくウエポンベイまで作ったので、静岡で展示するなら鏡でも下に敷こうかなあ。





まさに非の打ち所の無い工作、細部に至るまでこまやかな心配りがなされた作例です。クリアー塗装も前作以上に深みのある色合いで、更に暗黒フォースに磨きがかかってますね!何処まで強くなられるか恐ろしいですよおおお。で、次回作はやっぱり例の暗黒アイテムでしょうか。
スポンサーサイト
【2006/04/19 22:53】 | カトー様 | トラックバック(3) | コメント(10) | page top↑
カトー様 田宮1/48 Vought F4U-1D 完成です
若き暗黒卿カトー様のF4U-1Dが完成しました。クリヤーを重ねた塗装は深みのある美しい色合いと光沢が出ていて新鮮です。クリアー塗装は丁寧な下地仕上げと高い色彩感覚が必要な技法だけに、見事な仕上がりを見せてくれるカトー様、只者ではありませんよ?

以下引用
↓ ↓ ↓

20060221-01.jpg

そして海賊は船乗りになった。

20060221-02.jpg

”Corsair(海賊)”という名前を与えられながら、視界の悪さやクセの強さから、当初は艦上機としては失格の烙印をジュっと押されたヴォート F4U コルセア。
度重なる改修を重ね、このF4U-1D型より、ついに空母へのカムバックが可能となり、戦闘爆撃機として日本軍を圧倒することとなった。(らしい)

20060221-03.jpg

キットは名作の誉れ高いタミヤ製。モトタグ(航空機牽引用トラクター)がセットになったもの。
”とりあえず貼り付けて、削りながら考える”という簡易インジェクションキットとは大きく異なり、部品は吸い付くようにピタリと決まり、模型という商品の完成形を垣間見ることができる。(らしい)

20060221-04.jpg

ディテールアップパーツなどは一切使わず、ストレートな制作。
組みやすさと適度なディテール表現を両立したキット内容は素晴らしいの一言。(らしい)

20060221-05.jpg

塗装は”アメリカ航空隊 第214戦闘飛行隊 69号機(1945年2月 空母フランクリン)”とした。
上下面ともグロス・シー・ブルー一色の塗装は、クリア系と蛍光系の、いわゆる”染料系”による塗装。
脳内にあった、グロス・シー・ブルーにかなり近いイメージが再現できた。(らしい)

20060221-06.jpg

モトタグによる牽引中のイメージに合わせ、主翼は折りたたんだ状態とした。
支柱はキットの指定ではジンク・クロメイトだが、記録写真によってはオレンジ色に見受けられるものもあったため、アクセントの意味も含めて見たままの色(オレンジ)とした。
それにしても星マークに”69”だなんて、つくづく能天気だなあと感じざるを得ない。(らしい)

20060221-07.jpg

なお、展示のためにエデュアルドのキャリアデッキをハナンツにオーダーした。(らしい)
到着し次第、もういちど写真を取り直したいと思う。(らしい)

さて、次回作はイタレリ(アキュレイト)のアベンジャー。(らしい)
クリア塗装の可能性を信じ、そして去年の静岡ホビーショーにていたく感銘を受けたKazu氏のターポンをリスペクトしたいと思う。(らしい)



引用ここまで

次回作のアベンジャー楽しみにしてますよー(・∀・)ノ
【2006/02/23 23:41】 | カトー様 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
カトー様にエントリー頂きました
元祖満点パパにして若き暗黒卿、カトー様にエントリーいただきました。
カトー様はネット上のモデラーを騒然とさせた伝説のカオシックコンペ爆撃・鮫歯・銀色の夕べを主催されておられます。もちろん自分もかなり自爆気味なエントリーをしていますよ(笑)。
昨年は超大作ビッカース・ヴィミーを圧倒的な精度で製作されて周囲をあっと言わせた事も記憶に新しく、ネタ・スキル・センス揃った三位一体モデラーです。

エントリーキットは
★Tamiya 1/48 Vought F4U-1D Corsair
★Special Hobby 1/72 F3F-2 Flying Barrel
★アキュレリ 1/48 TBM Avenger
メジャー路線と暗黒アイテムが絶妙のコラボですよ!


カトー様の運営されているブログKATO'S BLOG
【2006/02/03 00:18】 | カトー様 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。