スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
PACI-CONって何よ?
初めまして。この度は当祭り会場にご訪問頂き誠にありがとうございます。

PACI-CON ~太平洋祭り~笛吹さん発案で私不肖あんぐらが管理を勤めさせていただく太平洋戦争をテーマにしたネット展示会です。語感がいいので"~コン"というタイトルになっていますが、特に採点や作品の出来を競うものではなく「こんなのも作ったよー!」という軽いノリで皆様一緒にプラモを作り倒しましょうというのがコンセプトです。


規定は大まかに72(76)スケールである事、他のスケールもOKにしました。対日戦に登場した飛行機もしくは戦車であることです。
太平洋戦争がテーマとは言っていますが、ノモンハン事件の時代辺りから終戦までの太平洋戦線&大陸戦線とご理解いただければ幸いです。ですから、日米モノに限らずイギリスや中国、ソ連などWWⅡ主要国のものは一通り含まれると思います。


また実戦には登場しなかった震電やフライングパンケーキなどの試作機や、あまり羽目を外してない仮想戦記ものもOKです。
(例/ハッピータイガー戦記に登場した日本軍に購入されたティーガーⅠなど)
私自身気が多い人間ですのでレギュレーションはかなりゆるゆるしたものにしたいと思います(汗


参加資格は、特にありません。上記のレギュレーションにご賛同頂ける模型を愛する方なら年齢性別一切不問です。



エントリー方法

肝心のエントリー方法ですが、この記事に制作予定キットを明記して参加希望のコメントをください。画面左端の参加者リストに貴方のお名前を追加いたします。
キットが完成したら下記アドレス(画像になっています)に製作コメントと画像2~3枚を添付してお送りください。記事に反映させていただきます。この際写真サイズやコメント文を一部変更させていただく場合がありますがご了承ください。
最近スパムメールの激増に伴いメールの未着トラブルも頻発しておりますので、もしご自分のブログをお持ちの方はそちらに製作記事をかかれた上で当ブログにトラックバックいただければ転載もいたします。
連絡用アドレス



バナーのお願い
エントリーいただいた方でご自分のブログやHPをお持ちの方はサイドバーの一番上にあるバナーをご自分のページに貼っていただくようお願いいたします。

エントリーリストはこちらです。
スポンサーサイト
【2006/12/30 07:54】 | PACI-CONって? | トラックバック(11) | コメント(51) | page top↑
一部レギュレーション変更と締め切りに関してお知らせしますよ
えー、まず規定として72スケールとしていましたが、48スケールの希望もありましたのでこの際スケール規定を撤廃いたします。
特に戦車系はかなり選択肢が増えるのではないかと思います。
これに合わせて既にエントリー済みの方ももし変更や追加等の希望がありましたらお申し付けください。

なお他のコンペとの重複エントリーに関しましては先方様の了承がありましたら当方では規制するものではありませんので、是非エントリーください。

なにぶんコンペ主催は初めての経験なので色々至らないところが多いですが皆様どうかお付き合いの程よろしくお願いいたします。

ご質問頂いていた締め切りの件ですが2006年12月末日
に決定いたしました。

【2006/12/27 23:29】 | PACI-CONって? | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
蝙蝠山様追加エントリーです
続きを読む
【2006/08/01 23:09】 | 蝙蝠山様 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
笛吹様、M3スチュアート完成です
笛吹宣伝相殿のM3スチュアートが完成しました。72スケールの戦車は初めてとの事ですが、転輪ま穴あけ加工やライトガードの自作などのディティールアップにより、わりとあっさりしたキットが一気に使用感のある「戦場の雰囲気」を醸し出しています。うむう、やりますねえ。
以下転載
↓ ↓ ↓
大騒ぎして、皆様から色々アドバイスをいただいておきながら、最後の最後で、側面の日の丸が上手く描けず、結局、日本軍鹵獲仕様は、断念いたしました。本当に、ゴメンナサイ・・・涙。

m3a.jpg


m3b.jpg


で、ご覧の通り、本国アメリカ軍仕様ではございますが、戦車初挑戦にして、こうしてミニスケタンクを完成させることが出来て、正直、嬉しい気持ちで一杯です。72ヒコーキオンリーの小生にとって、工夫次第で色々作り込みが楽しめるこのカテゴリーは、とても新鮮・・・なんかハマりそうな悪寒です。その内、ジオラマ作ってみようっと!

m3c.jpg


m3d.jpg


m3e.jpg


しかし、このスケール、目が悪い小生には、ちとキツイですな・・・。で、今度はタミヤの48戦車でも弄ってみようかと思います。



笛吹様お疲れ様でした~。72戦車はお手頃価格で色々弄る楽しさがあって、更に保管場所にも困らないというわが国の住宅事情にもマッチした素敵な模型です。自分もすっかりハマってますし、小さくてもずらっと並べると壮観ですよ。48戦車の方も期待してよかとですか?(・∀・)ノ
【2006/06/25 19:58】 | 笛吹様 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
躍人様、鍾馗完成です
期待の超新星にして満点パパ候補の躍人様、二式単戦鍾馗が完成しました。
細かい迷彩はガンダムマーカーを使用されているとの事ですが、非常に綺麗に仕上がっています。こういう柔軟な発想見習いたいものです。
以下転載
↓ ↓ ↓
鍾馗サマ完成です
給油車と絡める予定でしたが、それは後ほどの楽しみにして、鍾馗サマを一旦完成という形にしておきます。

パチ・コンにエントリーしようとしたときに、本当はAFVを考えていたんです。ストックを漁ったところ、レギュレーションに適合するキットがこの鍾馗(ハセガワ1/72)しかなかったんです。飛行機は作り慣れてないのですが、いい機会だと思い、このアイテムを選択しました。
基本的に素組みです。が、作り慣れないため、うっかりサフェーサーを吹いてモールドを潰してしまったり、プロペラを壊したり…
塗装は、基本色がタミヤスプレー。日の丸、識別帯、アンチグレア、プロペラ、スピナーは今回から採用した「クレオス水性ホビーカラー+ラッカー溶剤」です。迷彩の斑点、尾翼の機番、墨入れ、ウォッシングはすべてガンダムリアルタッチマーカーを使用しています。

type2a.jpg


type2b.jpg


type2c.jpg


type2d.jpg


この機体、小学生のころは、非常に不細工に感じておりました。頭でっかちな上に小さな主翼…。でも今は大変に美しいと思います。俺も大人になったんだなぁ、と思ったりして(笑)。今では、日本機の中では一番好きですね。レシプロ機ランキングでもかなり上位に位置します。

ついでにサイドビュー
type2f.jpg


コクピット付近拡大
type2g.jpg


アンテナ線はメバル用の釣り糸です。直径0.117mmだそうですよ。
線香で炙るとよい、と聞きましたのでチャレンジしてみましたが、ビビって上手く張れませんでした。

もう1枚だけ
type2h.jpg


プロペラはキットのものより、やや直径が大きくなっています。精悍さUP(?)
実は増槽の凸モールドを作り直したんですが、まったくわかりませんね(笑

マーキングは架空のものです。念のため


躍人様お疲れ様でした。
まだ燃料補給車との組み合わせによるジオラマ展開を構想されているそうですので、そちらが完成したら改めて掲載させていただきますね~(・∀・)ノ
【2006/06/25 19:44】 | 躍人様 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
青様にエントリー頂きました。
若き期待の新星、青様にエントリーいただきました。
青様は昨年から模型を作り始めたばかりとのことですが、清潔感のあるカッチリとした仕上げで飛行機やAFVを製作されておられます。
特に手がかかる双発機をさらりと完成させておられるあたり、油断ならぬ才能を感じます。

エントリーキットは
TY4950344987788-001.jpg


タミヤ 1/35 九七式中戦車 チハ



青様が運営されておられるサイト青空雑記


【2006/06/15 23:07】 | 青様 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
小春好様 伊-58完成です
いつもドラマティックなディオラマで楽しませてくださる小春好様の第二作目「海のサクラ」が完成しました。全体的に厳かな「静」のイメージで製作されたこのディオラマ、実は悲しい実話に基づいて作られています。

以下転載
↓ ↓ ↓article247.jpg


あんぐら様、
エントリー作品、完成致しました。
使用キットはタミヤ1/700ウォーターラインシリーズNO.435・伊-58後期型です。ディオラマ名は「海のサクラ」です。設定は・・・。

1946年4月長崎県、五島列島沖。
激戦を生き残った日本海軍潜水艦に爆破処分の命令が下った。終戦間際に重巡洋艦インディアナポリスを撃沈した伊-58もそのうちの一艦であった。

article246.jpg


沖合いに向う船上で搭乗員達は思う。米軍はこの潜水艦を憎んでいるだろう。しかし我々にとって伊-58は息子のような存在。我々はその息子を処刑台に連れていかなければならない。どうする事も出来ない。我々は無力だ・・・。せめてもの供養にと、搭乗員達は艦橋に桜の枝をくくりつけた。その姿は海上に咲く静美な桜の木のようであった。春風の中、桜の花びらを微かに散り咲かせながら伊-58は進んだ。そして数時間後、桜と共に海底に沈んだ。

article245.jpg


長崎県五島列島沖・・・。今もそこに伊-58が眠っている。

という設定です。とあるドキュメント番組をヒントにさせてもらった作品です。”桜の枝を艦橋にくくりつけた”っていうのは事実です。私の脚色ではありませんので・・・。
作品上の桜は本物を湯煎→乾燥→アクリルピンクで着色した物です。伊-58製作上の問題は全く無しです。キットには回天も付属していましたが設定上、省略させて頂きました。中学生の頃に製作して以来のWLシリーズ&艦船模型です。すごく新鮮でした。そして塗装に悩みましたです(笑) 結果的にはAFV模型の塗装法をそのまま応用致しました。という事で、見方によっては?な作品かもしれません。そんな感じですが、どうかヨロシクッですっ。

article244.jpg






AFV模型の塗装法をそのまま応用との事ですが、ウエットな雰囲気が出ていてバックストーリーと非常にマッチしていると思います。天然?の桜の花びらを効果的なワンポイントとして使っているのも雰囲気が出ていると思います。小春好様おつかれさまでした~(・∀・)ノ


【2006/06/15 22:57】 | 小春好様 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
gabbiano様九九軍偵完成です
色々あって最近ネット接続している時間が少ないあんぐらですすみません。
gabbiano様の九九式軍偵が完成しました。
プロポーションは良いもののレトロキット故に手のかかる部分も多いニチモのキットを見事に纏め上げられておられます。効果的な筆塗りによるテクスチャもポイントになっております。
↓ ↓ ↓ (以下転載)


99a.jpg


結構前に完成してたんですが、最近ドタバタしてましてアップが遅れてしまいましたパチ☆コン出品用の九九軍偵完成です~。マスターモデラーズ誌によく出る筆塗り作例のような味を出したかったので、基本塗装の後、トーンを変えた濃緑色を筆で塗ってみたのですが、まだまだ修行不足ですね。

991.jpg


992.jpg



マーキングは独立飛行機第48中隊にしました。ニチモの説明書のとおりに塗ってみたんですが、これで本当にいいのか不安だったります。なにせこの説明書、コクピット内は全面青竹色でという指定があるくらいなので・・・。

99b.jpg


99c.jpg


最初はずんぐりむっくりというイメージがあったのですが、完成してみると意外とスマートです。あと開発者も「え?何でこんなに?」と首を傾げるほど運動性能が抜群だったそうです。

99d.jpg


当初は地上部隊の支援機として兵士から厚い信頼を受け、また大戦後期では旧式化しながらも、アメリカの潜水艦を沈めたという、地味ながらも働き続けた九九軍偵/襲撃機。ニチモのキットも古さを感じさせない素敵なキットでした。



キットの素性もさることながら各部の効果的なディティールアップ工作や丁寧な仕上げが作品全体を古さを感じさせない仕上がりにしていると思います。gabbiano様お疲れ様でした~(・∀・)ノ
【2006/06/12 19:49】 | gabbiano様 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
めび02様にエントリー頂きました
めび02様にエントリーして頂きました。
以前から関心を持っていてくださったとのことで感謝感激です。
氏は飛行機からAFV、キャラクターものまでこなされる雑食系モデラーで、自分と結構趣味の近い(笑)ジャンルも手がけられております。
本家サイト「塹壕の中から」には様々なジャンルの模型が展示されていて見ごたえ充分、しかもどれもハイクオリティなので必見ですよ!
エントリーキットは
タミヤ1/72紫電

img1040632571.jpeg
(写真はカタログ完成品です)


めび02様の運営されているブログメビウス小隊連絡壕

【2006/05/08 22:22】 | めび02様 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
躍人様にエントリーいただきました。
モータースポーツ(ラリー)と模型をこよなく愛し、戦車から艦船、飛行機まで幅広く手がけられる躍人様にエントリー頂きました。
大胆な改造も難なくこなされる躍人様、パチコンではどのような腕の冴えを見せてくださるか期待度大!です。

エントリーキットは
type2.jpg

長谷川1/72 二式単戦鍾馗



躍人様の運営されているブログ躍人日記
【2006/04/19 23:04】 | 躍人様 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。